TOP

【FF14】6.1版 制限解除で行く紅蓮極蛮神 少人数周回で笛や素材、武器を効率良くゲットしよう

2022年1月18日火曜日

FF14 制限解除蛮神周回 補足ゆっくり解説動画付き記事

t f B! P L

今回は制限解除蛮神攻略シリーズ第2弾といたしまして
暁月現在の環境での紅蓮極蛮神攻略事情について取り上げて行こうと思います

もう漆黒の間に笛周回などを済ませてしまっている方も多くおられるでしょう
しかしまだこれからと言う方に少しでも役立てる内容に出来たら良いなと思っております

基本的に本記事は笛周回などをするために、楽をしつつ効率を上げることをコンセプトとして考えた攻略事情を書いています
攻略人数は3~5人程度を想定しています

大変長い記事となっておりますので、目次を活用して興味のあるところを読んでいただければと思いますのでよろしくお願いします


紅蓮極蛮神少人数周回布教用の動画を投稿してみました
ブログ内のどこに貼るべきか悩ましいのでとりあえずここに貼っておいてみます(布教とは)
おすすめの攻略人数と、蛮神素材で作れるものやマウントの画像なんかを盛り込んでいます
もし興味があれば暇つぶしにでもどうぞ


外部リンク(youtube)


追記履歴
2022.5/11
若干今更ながら、おすすめの攻略人数をそれぞれの項目に追記しました
ついでに追記履歴を整理しました
2022.8/2
だいぶ遅ればせながら極神龍の動画を投稿しましたので追記しました


ソロやペアの攻略事情を知りたい方


笛周回向けではありませんが、更に少人数のソロ・ペアでの解除紅蓮蛮神攻略の記事を作成してみました
この記事では触れていなかった極リオレウス狩猟戦についてはこちらで書いています
もし興味があれば見てやって下さいね


制限解除で行く紅蓮極蛮神について

クロ手帳目的の場合


クロ手帳目的の場合は一回クリア出来ればそれで良いので、8人のフルパーティで募集してさくっと済ませてしまいましょう

構成も特に気にせずとも良いでしょう
来ると面倒な都合の悪いギミックも火力ゴリ押しでだいたいスキップするため、よほどタンクヒラに構成が偏らない限りは大丈夫だと思います

笛や武器などが目的で周回したい場合


周回目的の場合は少し話が違ってきます

らくちんにやりたいのであれば8人のフルパーティでも良いと思いますが
アイテム目的で効率よく周回したいのであれば少人数攻略をオススメします


少人数での周回のメリット


少人数攻略をオススメする理由は、報酬アイテムのロット勝ちの確率が上がるからです

例えば4人攻略をしたとして、同じ報酬を8人で分けるところ4人で分けることになるわけですから、その方が良いですよね

笛狙いでももちろん効率が上がると思いますし、分解による蛮神素材狙いの場合も少人数攻略が有利であると思われます


漆黒時点では、盾の分解でもおそらくは他の武器と同じ確率で蛮神素材が出現していました

そのため8人PTで周回ぶん回してトークン3個で盾を交換して分解することで、宝箱の報酬のロット勝ちで得られるより効率良く蛮神素材を集めることが出来ていました

しかし暁月に入り盾からの蛮神素材の出現率が下げられたことにより
今まではトークン3個で1回分解が出来ていたところ7個(片手剣交換)必要になってしまいました

その代わり宝箱報酬に通常のジョブ武器に加えて武器箱が追加され、実質2個武器を得られるようになっています


武器は1個で周回7周分の価値があります

周回数を稼いでトークンで武器交換をして分解するよりも、武器の分前を増やす方が今は効率が良いのではないかなと思われます

※追記(2022.1/31)
現在の環境での蛮神武器分解で素材がどのくらい出るのか検証した記事を作成しました

試行回数が少ないためまだなんともな段階ですが
少なくともトーテム10個交換の他の武器とトーテム7個交換の片手剣との素材の出現率の差はあまりないような気がしました


現状8人PTでも履行前討伐の出来る紅蓮極蛮神は一部しかいない


紅蓮極蛮神は制限解除でフルパーティで挑んでも、ラクシュミ、白虎以外はただ殴っているだけでは履行前に討伐出来ません

ある程度削るとすぐに履行技に突入してしまいます
一度ツクヨミ、朱雀、青龍をT1D7の8人PTでただ殴る感じで試してみたところ、どれも履行してしまいクリアタイムは2分ちょっとくらいになりました

8人いて履行がスキップ出来るのなら良いですが、そうでないのなら少人数でもクリアタイムが少し遅くなるだけなので、報酬の取り分を考えると少人数攻略が良いのではないかなと思われます


もしかしたら時間の長いギミックを手を止めて待ってから倒す、というようなことをすれば履行前に討伐は出来るかもしれませんが、そこはまだ要検証といったところです

レベル90の4人PTくらいがおそらく安定すると思われる


ふんわりした言い回しで申し訳ない限りですが
暁月現在のレベル90の4人PTでだいたい漆黒時の8人PTで攻略したときと同じような感じの勝手になります

ギミック的には極ツクヨミは隕石が3人いないとうまく安定して処理出来ませんし、極朱雀も再生の羽根を処理するために4人、最低3人は欲しいところです

極白虎も少人数でも以前と同じように履行前に討伐可能です
4人PTで行けるのですが、それなりのDPSチェックになりますので装備はちゃんと整えた方が良さそうです


もちろん人数が減った分全員がちゃんとギミック処理をしなければいけません
少人数攻略をする場合は一応ふんわりで良いので予習をした方が良いかもしれませんね

とはいえ各蛮神につき注意することはだいたい一つ二つあるかといったところなので、そこさえ抑えれば何も恐れることはありません
もし良かったらこのあと各蛮神について軽く注意点などを書いていきますので読んでいただけたら幸いです

めんどくさいのは極神龍と極朱雀くらいでしょうか
あと極ツクヨミも若干覚えることがあります

余程ギミック無視をしていなければそうそう死にはしませんので、気軽に挑んでみると良いと思います

構成について


構成はタンク1は必須として、なるべくDPSが多い方が良いと思われますので
基本はタンク1DPS3の4人構成、不慣れな方がおられるようであればヒーラー1を加えるといった感じが丸いのではないでしょうか

この辺りはコンテンツによって多少変わってくると思います

具体的にはぐだりやすくヒーラーにつくギミックのある極神龍、雑魚フェーズでダメージが痛い極青龍あたりはヒーラーを入れた方が良いかもしれませんが、必須ではありません

他はタンク1とDPSだけで良いのではないかと思われます
あと極白虎は出来れば履行前に倒しきりたいので、DPSは3,4人入れると良いでしょう


そしてもちろん周回するのであれば最低限レベル90は欲しいところです
PT募集をするときも念のためIL制限を560以上にしておくと良いでしょう

各極蛮神の要注意ギミックとおすすめの攻略人数

極スサノオ討滅戦


おすすめ構成:ペア(タンク1DPS1)

ほぼひたすら殴るだけです
ペアからでも安定攻略出来ます

剣を受け止めるところは2回ともMTが受け止めてOK
2回目は剣を受け止めている間のダメージが地味に痛いので、バフを入れておくと良いかも
玉は無視してDPSは剣を素早く壊してしまう感じで大丈夫です

後半のマーカーがついて通常なら範囲を捨てにいくところも、ひたすらDPSにマーカーが付き続けますが、無視でその場で受けてボスを殴り続けて大丈夫です

頭割りだけはDPS1人受けはちょっと痛いのでタンクも一緒に受けると良いでしょう

ペアの場合はもしかしたら、最後辺りに岩戸隠れというギミックが来てしまうかもしれません
来てしまったらHPの削りがすぐに終わらなさそうであれば、岩に隠された人がいる岩を壊して救出する必要があります

敵視リストの一番下が正解なのでそれで判断するか、隠された人が自分の岩にマーカーを付ける形でも良いと思います

極ラクシュミ討滅戦


おすすめ構成:ペア(タンク1DPS1)

タンク8人でアチーブ目的でよく討伐される極ラクシュミ
それなりに避けたりかわしたり雑魚を倒したりしていればOK
チャンチャラーが来たらエーテルを使っておけば良いとえらい人が言っていました

外部リンク(youtube)


タンク1DPS1がオススメです
戦闘が苦手な方も、もう1人加える感じで行けば火力にも余裕があるので良いと思います

一応タンクなしでも大丈夫ですが、地味に痛いのでタンクが居た方が脳みそからっぽで行けてらくちんだと思います

極神龍討滅戦


おすすめ構成:3~4人(タンク1ヒラ1DPS2orタンク1DPS3)

外部リンク(youtube)


地味にいろいろめんどくさい自称友
だいたいゴリ押しでなんとかなる範囲ですが一応覚えておいたほうが良さそうなことをいくつか書いておきます

開幕大地の怒りの次に来るタイダルウェーブは大きく流されて落とされてしまうので要注意。水柱のある方に寄って置く必要があります
詠唱半分過ぎたらアームズレングス堅実魔が楽ちん

途中緑のマーカーのようなものがついたら、ステージ後方のひび割れてない床に行ってマーカーが消えたら退避

・裁きの雷は全員に範囲着弾なので、水場に入らずふんわり散会しておく

・ボタン連打フェーズのあと何もない床に吹き飛ばされたら向こう岸に床がある方へいく

・2回くらい雑魚倒したらでかい範囲予兆が5人につくのであまり被せないように外周へ捨てにいく(足を滑らせないように気をつける)。神龍のいる方向を0時として、0時3時6時9時の十字に散開するとランダムで落ちる隕石と被らず綺麗に処理出来る

プロトスターとかいう派手な全体攻撃のあと、ステージ中央に水色の予兆円が出て吹き飛ばし攻撃が来るので、予兆円のそばでステージ四隅の角に向かって斜めに吹き飛ばされるように位置取る

極ツクヨミ討滅戦


おすすめ構成:2~3人(タンク1DPS1or2)

T1D2の3人攻略で安定します
何回かやった感じクリアタイムは4分20秒くらいでした

ペアでも隕石ギミックは南北で別れれば安定して抜けられるのでおすすめ

概ねギミック無視で殴ってるだけでOKですが、履行後の極の月読フェーズ(隕石ギミック)だけ覚えておく必要があります



大事なのは後半の極の月読フェーズくらいだと思うので、そこだけ見ても良いかもです
極の月読フェーズは2:38あたりからです


極の月読フェーズについて


履行後床が白と黒になり、自分にも白か黒のデバフがつきます

頭の上の月が黒なので白の床の安置に退避しています

頭の上の月が満月(デバフ5スタック)になると死んでしまうので、別の色の床を踏んで上書きするとOKです
ステージが白黒になって頭の上に月が出た時点でデバフがすでに4スタックついているので、すぐに色を変えないと死んでしまうので注意です

デバフのスタックをリセットして範囲を避けたあとに、白黒の床がどちらかに偏り、三日月型になるので、タンクは色の境目あたりにボスを誘導します

そこで攻撃しながら忘れずデバフのスタックがあまり貯まらないように適宜リセットを掛けるようにしましょう
最低隕石マーカーが付く直前の宵の早着替えのタイミングで必ず色替えするようにすると良いです


宵の早着替えの着弾と同時に3人にマーカーが付き、隕石が降ってきます
それぞれ隕石を北と南、それと東西の遠いところへ捨てに行きます

北南担当の隕石捨て位置。範囲予兆が出るまでしっかり待機するのがポイントです

北と南に捨てる人は床の三日月の先端辺りで隕石を捨てます
東西担当の人は遠くに捨てればどこでも良いのですが、画像の印の辺りでOKです

最終的に床が真っ黒か真っ白になります
範囲を避けたあときちんと処理出来ていれば三日月の先端に捨てた隕石付近が床の反対色のエリアになるのでそこへ逃げ込みます


簡易マクロ


3人攻略用です
隕石の部分のみですが、一応散会場所を決める時にスムーズに出来るかもしれないので置いておきます
/p ■ 隕石
/p   T: 北(狭い方)
/p D1: 西or東(広い方)
/p D2: 南(狭い方)

極白虎征魂戦


おすすめ構成:4人(タンク1DPS3)

出来れば火力を出して履行前に討伐したい極白虎
T1D3でも履行前に討伐出来ます

基本的にギミック無視してただひたすらに殴るだけです
頭割りは一回目も二回目も現在一人受けでOK
デバフ2度付けは禁止なので、巻き込まれないようにだけ気をつけていれば良いと思います

途中半身が出てきて敵が増えても本体をひたすら殴り続けましょう

一応それなりのDPSチェックにはなるので、PT募集する時は少し高めのIL制限を掛けるか、DPS4人にした方が安定するかもしれません
6.05現在では新式以上があれば安心ではないかと思われます


↓の動画はタンク1DPS4で履行前討伐する形としています
野良PTで募集しているので念のためDPS4人としていますが、3人でも十分履行前討伐は可能です

一応筆者が周回する時にいつもやってるので呪縛雷を2回タンクで受けるやり方で動画にしてみました
頭割り一回目のダメージをカットしてデバフがつかないようにするか、2回目を無敵でやり過ごす感じになります
どちらでも良いと思うので、お好みで選ぶと良いと思います

一回目の頭割り食らって自由になってから二回目掴まれるまでの猶予があまりないので、叩き落されたらすぐに挑発(と無敵使う場合は無敵)を入れるのがポイントです

一度ソロで制限解除で練習してみてからやると良いかもしれませんね


あと、うっかり火力の出過ぎで呪縛雷(ヘイト1位を掴んで2回頭割りのギミック)がフェーズスキップしまうと、そのあと履行までに削り切るのが大変になってしまいます
火力自慢のDPSの方は開幕はちょっと手加減して呪縛雷が来てからバーストするなどした方が良いかもしれません

とはいえスキップしてしまっても火力が高ければちゃんと履行前に削り切ることも出来ますし、フルパーティであればこの点に関しては気にする必要はありません

極朱雀征魂戦


おすすめ構成:3~4人(タンク1DPS2or3)もしくは8人

T1D3の4人PTで安定、クリアタイムは何回かやった結果は4分ちょいくらいでした
小鳥のギミックがわからなかったり誘引などで死んだりしてぐだると、タンクスイッチギミックの鬼宿脚が来てしまうので注意
とはいえバフもりもりで気合でどうにか耐えられるレベルです



動画を見るだけでは不十分というかわかりにくい部分も多いと思うので、長くなりますが以下のギミックについての説明も一読していただければと思います


前半の再生の羽根フェーズの仕組みがとにかくわかりにくい極朱雀
地面に転がってる小鳥の処理をきちんと行うのが前半の流れです

小鳥の習性は以下
・何かしらの範囲攻撃に巻き込むと起きる
・小鳥同士を近づけていると固くなる
・起きる回数が嵩むとその分固くなる
・きちんと処理が出来ないと最終的に勝手に起きる
・起きてからしばらくするとめちゃくちゃ痛い全体範囲攻撃を打ってくる(一匹分だけでもかなりのダメージ)

小鳥は適切なタイミングで起こして、予兆範囲の出てない場所で倒すことで処理できる大変めんどくさいギミックなのです
割とごり押しも効きますが、ある程度は理解していないと安定しません


次の項目から前半の処理方法を書いていきます

尚、火力がきちんと出ていればの条件付きかもしれませんが、8人PTであれば再生の羽根フェーズがスキップ出来てしまいます

小鳥のギミックが免除になるので、極朱雀は素直に8人PTで周回した方が良いかもしれません


前半の流れ(主に再生の羽根フェーズ)について


前半最初あたりに一度来る画面外からの突進+全員に範囲攻撃は必ず外周に捨てましょう
範囲攻撃を小鳥に当ててしまうとぐだります

再生の羽根フェーズに突入したらまず地面に刺さった大きい羽根と小さい羽根のうち、小さい羽根を破壊して安置を作ります

その後4人に範囲がつくので、小鳥を一人一匹ずつ(複数の小鳥に当ててしまわないよう注意)巻き込むようにして散会して範囲攻撃を食らいます

小鳥の斜め外側の位置がAOEで潰れていてもこの位置で受けて、範囲を当ててから安置へ移動します

画像のマーカーは範囲持ち4人の散会位置(小鳥の斜め外側)のイメージです

あらかじめ散会位置の担当を決めるのも良いと思います

範囲攻撃を当てると小鳥が起きて範囲を食らわせた人に線で繋がるので、これを外周に引っ張って素早く倒します

本体もいてわかりづらいですが、小鳥を範囲攻撃に巻き込まれない位置に誘導しています

外周に引っ張るのは、大きな羽根の爆発に小鳥を巻き込むと処理失敗となりまた復活してしまうからです

また、小鳥同士が近くにいると固くなってしまうため、出来れば別々の安置に小鳥を引っ張るのが好ましいです

散会して小鳥を起こした後、その場が安置だった場合はそのままの位置に
安置が潰れているパターンだった場合は全員で時計回りに安置へ移動する、などと決めておくと事故が減るでしょう


大きな羽根の範囲が爆発したあと、処理がきちんと出来ていなかった小鳥が勝手に起きてきてしまうので、これを素早く倒します
複数起きてしまった場合は近づけていると固くなってしまうので一旦離してから倒すようにしましょう


後半の流れ


前半さえ終わってしまえば、あとは誘引or拒絶の旋律で落とされないようにさえしていればどうとでもなります

誘引は引き寄せ、拒絶は吹き飛ばしなので誘引の場合は距離を取り、拒絶の場合は朱雀に近づきましょう
もちろんアームズレングス、堅実魔も有効です


床が4色のエリアになって順番に爆発するギミックは、最悪動き回らなければ手は止まっても死ぬことはありません

避けるコツとしては、時計回りに順番に爆発するパターンとそうでないパターンがあるので、どちらが先に来るかをまず朱雀から伸びた線を見て判断します


時計回りのパターン

ぐるっと回るように走って避けてもよいのですが
色と色の境目あたりにあらかじめ立ってあとに爆発する方の床に乗っておき、隣が爆発したら爆発した方へいき、戻って繰り返す感じが安定しておすすめです


時計回りでないパターン

外周にズラっと並んだ文字を見て、まずは真ん中あたりの二つ並んでいる文字の色の床(画像であれば紫)に立っておきます


隣の床(画像であれば黒か水色)が爆発したらそこに退避
そのあと先に立っていた床が2回爆発したらそこに駆け込むと良きです

画像の例であれば
紫床で待機→黒か水色が爆発したらそこに退避→紫の床が2回爆発したら戻る
で処理完了となります


簡易マクロ


散会図と再生の羽根フェーズについての簡単な説明が書かれています
必要であれば良ければお使い下さい
散会担当はD1~D4と書いてありますが、DPSが3人以下の場合はタンクヒラに範囲が付くなどしますので使いやすいように改変すると良いと思います
/p |            D1   
/p |   D1     D2 
/p |      
/p |      D3   BOSS   D2 
/p | 
/p |   D3     D4 
/p |            D4   
/p 
/p ■再生の羽根
/p 散開位置で、小さい羽根を破壊して安置を作る
/p 紫の円形範囲がついたら小鳥の斜め外側へ散会し、一人一匹ずつ小鳥に当てる
/p 安置がその場ならそのまま、潰れていたら時計回りにずれて退避
/p 小鳥に大きな羽根の範囲を当てないよう外周に寄せてから倒す
/p 失敗してしまった場合は小鳥同士を離して倒す(近づけていると固くなるため)
/micon 朱孔雀 minion

極青龍征魂戦


おすすめ構成:4人(タンク1DPS3)もしくは8人

ポイントを押さえればT1D3での攻略でも安定
登り龍が来る前に出来れば片付けてしまいたいので、DPS3人は入れた方が良さそうです
T1D3でのクリアタイムは何回かやった結果では4分半くらいでした

割とダメージが痛かったり、知らないと死ぬポイントもあるので野良募集の場合はヒーラーも入れた方が良いかもしれません
ヒーラーを加えて5人PTにするか8人PTにするかは悩ましいところですね

極青龍は少人数でもフルパーティでも効率はあまり変わらないような気はします

フルパーティであれば後述する呪怨の形代もだいたいスキップしますし、素直に8人PTで楽しても良いかもしれません


↓の動画はタンク1ヒーラー1DPS3の5人PTでの攻略の様子です

外部リンク


前半に呪怨の形代というタンクギミックがあります
本来ならタンクスイッチをするギミックです

最初に呪いの形代がつけられ、その後玉が降ってきてダメージを食らいます
形代デバフ効果時間後、形代がついていた間にもらったダメージの3倍を味方全員に撒き散らすというものです
これを処理するために玉のダメージをカットする必要があります
ナイト:インビン
ガンブレ:ボーライド→オーロラとコランダムでHP戻し
暗黒:バフ+ブラックナイト
戦士:バフ+血気
こんな感じでいけるはずです


本体が消えて頭割りの線とDPSに細い線が付きます
頭割りの線はまっすぐ南に伸ばしておきます

本来であれば細い線がついたDPSは頭割りに入らず、残りの人で頭割りをするところなのですが
少人数の場合は頭割りのダメージが痛すぎる(DPS一人で受けると即死級)ので、細い線がついた人も全員南端で頭割りの方がノックバックはもらいますが結果的に楽になるようです


頭割りが終わったら全員真ん中に集合しておきます
東西の画面外の雑魚から太い線が誰かに付き、線がついた人に向かって扇状の範囲攻撃を放ってきます
この線は取れる線なので、取って範囲攻撃を外周に向けるようにします
最低タンクだけでも覚えておくと良いでしょう

あとは雑魚を倒して、履行後ダイダラボッチの攻撃を避けたり流されたりしながら本体を倒すだけです

ダイダラボッチの叩きつけは食らうとデバフが付き、2回食らうと即死なのと
中央からのノックバック+東西の蛇の大群からのノックバックのところで出てくる、中央のオレンジの範囲を食らうと即死なのでそこだけ気を付けましょう

まとめ


かなりざっくりとした感じですが、紅蓮極蛮神周回のコツについて書いてみました

解除極蛮神の攻略は戦闘に自信のない方でも気軽に戦闘の練習をするのにもってこいだと思います
ギミックこそ一部面倒なものもありますが、討伐討滅戦と大して変わりないですし、気軽に挑んでみてはいかがでしょうか
極白虎なんかリットアティンより弱い気がする

お役に立てれば幸いです
良いエオルゼアライフを!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ記事の追記情報

現在FF14の既存記事を順次パッチ6.2に対応中です
対応したものはタイトルでわかるようにしています

2022.9/10
筆者の環境でも潜水艦ランク100に到達し調査が済んだので、沈没船の○○を集めるにはセイレーン海探査特化のパーツの組み合わせの記事を正式に6.2対応としました

2022.9/10
溺没海で換金アイテムの沈没船の○○を集めるにはの記事に潜水艦ランク100到達後の各ルート最終パーツ組み合わせ例を追記しました

2022.8/30
極ティターニアのT1H1D6の記事を6.2環境に合わせて色々と追記しました

Translate

このブログ内を検索

QooQ