TOP

【FF14】6.1対応 拡張後の新マテリア集めの為に マテリア錬精上昇値などについていろいろ検証してみた

2021年11月16日火曜日

FF14 金策 補足ゆっくり解説動画付き記事

t f B! P L

※パッチ5.58時点で作成した記事ですが、6.1に入り新しいことが分かり次第追記を行っています


6.2の状況について


6.2に入り、最新の90ID以外のすべての90IDにレベルシンクが付いてしまいました
そのため、戦闘マテリア関連については「IL570の装備で90IDを周回する」というのが最適解ではなくなりました
これについては順次検証を行ってみるつもりですが、しばしお待ち下さい


この記事ではマテリア調達方法の一つとして有力な手段の一つである
マテリア精製についてをメインにおさらいの意味で気になるところをいくつか検証した内容を共有していこうと思います

尚、大変長い記事となっております
読むのが面倒な方は最後のまとめの項目だけでも読んでみると良いかもしれませんので、良ければ目次から飛んでみてくださいね

文字を読むのが苦手な方は、同じ内容をゆっくり解説方式にした動画もありますので良ければ目次からどうぞ

マテリア精製について

マテリア精製とは


装備を使い戦闘や採集、製作を行うことで錬精値を貯めて、マテリアを抽出することが出来ます

パッチ5.2より装備の錬精度を100%貯めるとその装備と引き換えにマテリアを入手する「マテリア化」が
装備の錬精度を100%から1%に戻して装備を壊さずにマテリアを抽出する「マテリア精製」に変更されています

これまではマテリア錬精の際装備が失われてしまうため、その都度作り直す必要がありましたが
そのままの装備で継続してマテリアを入手出来るようになっています

装備のILと抽出出来るマテリアの種類


マテリア精製すると、その装備のジョブとILに応じたマテリアが抽出出来ます
これについてクラフター装備で一部検証したところ
レベル80の装備からはエクスマテリジャ、メガマテリジャ
レベル70~78の装備からはハイマテリジャ、マテリジャ
レベル68の装備からはマテリガ、マテリジャ
が抽出出来ました
新しいマテリアを精製するにはそのパッチでのレベルカンストが必要になっているようです


クラフターとギャザラーに関しては
クラフター装備からはは青系のマテリア、ギャザラー装備からは緑系のマテリアが抽出されます

しかし戦闘ジョブはロール毎に出現マテリアが微妙に違っています

タンク装備からは赤系と剛柔、戦技
ヒーラー装備からは赤系と信力、詠唱

近接DPS、レンジ装備からは赤系と戦技
キャスター装備からは赤系と詠唱

のマテリアが出現します
タンクとヒーラーは剛柔と信力が混ざってしまう分、赤マテリアを集めるのは若干不利となっています

錬精度を貯める時はHQの装備にマテリア5禁断すると良い


これもギャザクラ装備と戦闘ジョブで違うようなのですが
基本的にはマテリアをたくさん付けている方が上がり幅が大きくなるため、HQ装備にマテリア5禁断をすると錬精度の貯まりが早くなります

ギャザクラ装備は違いが割りと顕著ですが、戦闘ジョブはほとんど変わりない感じなので注意です(もしかしたら関係ないくらいかも)


ギャザクラのマテリア錬精用の装備はマテリガやマテリジャなどの安いマテリアを付けても良いので、出来ればHQ且つ5禁断したものを用意しましょう

マテリア錬精用のギアセットを用意しておくと便利です

錬精度上昇値のIL補正について


錬精度上昇量はおそらく戦闘ジョブ、ギャザラー、クラフターの各行動一回毎の上昇値が決まっており
着けている装備のILより低いILのものを作ったり採集、討伐するとマイナス補正がかかる
と言ったような感じだと思われます

例えばパッチ6.1にて新しいギャザクラ装備が追加されていますが
採掘園芸での伝説周りでマテリア錬精度を貯める時、IL560の装備を使用していると4回ほど採集場所を回れば1~100%まで到達出来ていたところ
IL590装備を使用していると露骨に錬精度の貯まりが遅くなってしまいます

新規採集場所であれば錬精度上昇補正を盛っていれば一応は15%程貯まりますが、6.05追加の戦闘新式用の伝説素材掘りではほとんど上昇が見られないくらいになってしまいます

戦闘ジョブでもID一周につき貯まる錬精度上昇量がIL570とIL600ではそれなりに違いますが、ギャザクラほど露骨な違いはない感じです


6.1追加のギャザクラ装備について


6.1に入り、オピオタウロス、カエアンビロードシリーズ(IL560)の上位の装備であるパクトメーカーシリーズ(IL590)が追加されました

せっかく出た新しい装備なので使って行きたいところですが、IL補正の影響でIL590装備の錬精度上昇値が貯まりにくく、マテリア錬精が捗らなくなってしまいます

そのため、オピオタウロスやカエアンビロードシリーズは処分してしまうともったいないです
5禁断してあるなら尚更取っておいたほうが良い気がします

簡易製作や未知周りなどでマテリア錬精をするときの為に別のギアセットを用意しておくと良いかもしれません


せっかくなので以下に6.1現在の新装備を使用し、クラフターで実際に製作して検証してみた結果を置いておきます

装備は道具と左装備は新装備のIL590、アクセサリーはIL560を使用します

5禁断済みです ちょっと妥協してるのがばれてしまう

錬精度上昇量補正は+10(HQ極錬精薬+カンパニーアクション錬精度上昇量アップⅡ+秘製ガレット・デ・ロワ)です
この状態でカエアンビロードを簡易製作で作っていきます

ちょっと半端ですがアクセサリーを1%スタートとします

カエアンビロード117個製作でIL560部位は100%到達

IL560装備が100%まで上がり切るまでにIL590装備の錬精度は2~3%しか上がりませんでした
秘伝書レシピや、紫貨用の収集品を作っていればもう少し上がりは良いのですが・・

どちらにせよ現時点ではIL590を使用しないと作成が厳しいのは6.1追加の新レシピくらいなものですし、やはりIL560装備はまだまだ使った方が良さそうな気がしますね


ギャザラーの未知周りについても同様で、IL560装備であれば伝説の採集場所3箇所ほど回れば錬精度が100%まで到達したところ
IL590を使用していると6.1の新規伝説素材掘りでIL560装備の半分も行かない程度、既存の戦闘新式用の伝説素材掘りではほとんど錬精度上昇が見られないくらいになってしまいます

「錬精度上昇量アップ」補正について


一部調理品、薬品、カンパニーアクションに「錬精度上昇量アップ」補正がつくものがあります


調理品
・秘製ガレット・デ・ロワ 補正値+2
モードゥナで軍票交換の素材と交換(マケボ取引可)
NPC<タラン>の「アイテムの交換(薬品・調理品)」から交換してもらえます
軍票の稼ぎ方については別記事で紹介しておりますので、もし興味がありましたらこちらもどうぞ


薬品
・錬精薬  補正値+2 軍票交換か製作
・強錬精薬 補正値NQ+4 / HQ+5 製作
・極錬精薬 補正値NQ+5 / HQ+6 製作

カンパニーアクション
・軍用スピリットマニュアル 補正値+3 冒険者小隊「特殊任務」報酬
・錬精度上昇量アップI,II カンパニークレジット交換
・錬精度上昇量アップIII カンパニークラフト(マケボ取引可)
錬精のエーテリアルホイールG3をホイールスタンドでチャージして使用

軍用スピリットマニュアルについては使用すると同効果のカンパニーアクションにより効果を上書きする、とあるので重複は出来ないようです

カンパニーアクションI,II,IIIの錬精度上昇量は「錬精度が上昇しやすくなる。」としか書かれておらず、正確な補正値はわからないのですが
冒険者小隊の特殊任務報酬のマニュアル類は、エーテリアルホイールG3を使用するカンパニーアクションIII系統と同じ効果量のため
錬精度上昇量アップIIIも同様に軍用スピリットマニュアルと同じ補正値+3であると考えるのが妥当ではないかと思われます

となると、錬精度上昇量アップI,II,IIIの補正値はそのまま+1,+2,+3と考えるのが自然な気がします

調理品、薬品、カンパニーアクションの補正値は重複する


6.0現在の環境にてクラフターで実際に製作して検証してみました

装備は全身5禁断済みのIL560HQを使用しています
この状態で制作レベル88の中間素材(コンドライトインゴット)を99個ずつ
・補正なし
・補正値+6(HQ極錬精薬)
・補正値+11相当(HQ極錬精薬+秘製ガレット・デ・ロワ+カンパニーアクション錬精度上昇量アップIII)
それぞれの状態で製作してみました

補正値なし 58~59% 169個制作で100%到達

補正値+6 74% 133個制作で100%到達

補正値+11相当 87~88% 113個制作で100%到達

各補正アイテムで得られる効果は、きっちり重複することが確認出来ました

漆黒時は微々たる差でしたが、6.0ではそれなりに違うなと思うくらいには差が出ています

装備の錬精度が上がるタイミングと効率の良いやり方


錬精度が上がるタイミングは、錬精が上がる行動一回ごとに単純に回数でカウントされていると思われます

ギャザラーについて


ギャザラーでは採集行動一回ごと、つまり
通常の採集場所で4回採集をした場合、4回錬精度が上がっています

獲得ボーナスの有無や採集したアイテムの数はカウントされないようなので、マテリア錬精のために採集を行う時は
GPは「石工の理」「老農の知」といった採集回数を上げるスキルに使っていくのが良いと思われます

錬精度は装備ILに対し採集対象のILが高いと上昇値が大きくなります
そのため、なるべく採集レベルの高いものを狙っていくと錬精度が早く貯まります

クラフターについて


クラフターも同じように、一回のアイテム製作ごとに錬精値が上がります

HQのアイテムを作ってもNQでも上がる値は一緒でしたので
クラフターでマテリア精製を目的とする場合は「簡易製作」で行うのが良いと思われます

クラフターの場合は収集品納品して白貨、紫貨をマテリアに交換するといった手段もあり
そちらの方が効率が良いかもしれないので、中間素材を作るついでくらいな感じになりそうな気はします

戦闘ジョブについて


IDでの錬精度の上がり方 ※6.05環境にて追記あり(2022.1/6)


IDでの錬精度の上がり方はコンテンツから退出する時という説があり、攻略時はILの高い装備で行い、退出時にILの低い装備に着替えることで多くの錬精度を得るというやり方があったそうです

が、現環境において実際にIDで検証をしたところ、コンテンツから退出するタイミングでお着替えしても錬精度は上昇しませんでした

道中のMOB撃破では上がらず、3ボス撃破時にまとめて錬精度が上昇しています

そのため、お着替えをするのであれば「コンテンツ退出前」ではなく「3ボス突入前」であれば有効です


6.0にて追加されたジョブ専用装備及びレベル90で装備出来るものを使用し、極錬精薬を飲んでいる状態(補正値+6)にてレベル90IDを4周すると錬精度が100%まで貯まります

しかしIL580から錬精度の貯まり方にマイナス補正が入ってしまうようなので注意です

極武器、極アクセサリー及びNパンデモニウムで入手出来る装備類などを装備していると、錬精度の貯まり具合が下がってしまっています
もちろんトークン装備や零式装備でも同様です
IL580よりも更に錬精度の貯まり方が減ってしまいます


錬精度上昇補正+8相当(極錬精薬HQ+カンパニーアクション錬精度上昇量アップⅡ)でレベル90IDを一周してみたところ
IL560のジョブ専用装備、レムナントアクセ、IL570のムーンワード装備の錬精度 28~30%
IL580の極アクセサリー、極武器、パンデモニウム装備の錬精度 23~25%
となっていました

補正値上昇をかなり積まないとIL580装備はID4周では精錬値は100%まで貯まりきらないような感じに見えます
極錬精薬HQを飲んでいるだけでは5周しないと足りなさそうです


※追記(2022.1/6)
パッチ6.05にて追加された新式(IL580)を5禁断したものを用意して、どのくらい錬精度が貯まるかレベル90IDのスマイルトンを周回してみました

本来なら新式5禁断をしていれば錬精度の上がり方が良くなっているはずなのですが・・
一回エキルレをやってみたところ22~24%しか増えておらず、他のIL580装備と同じ上昇値に見えたので気になりました
これではIL570までの装備で4周で済んでいたところ5周必要になってしまいそうです

どうにか短縮出来ないかと錬精度上昇値もりもりセットの上昇値+11相当(秘製ガレット・デ・ロワ+極錬精薬HQ+カンパニーアクション錬精度上昇量アップIII)でリベンジしてきました
その飯で行ったのかというのは検証のため致し方なくということで・・お許しください

念の為の5禁断の証拠画像です

1周目 23~25%

2周目 46~50%

3周目 70~74%

4周目 94~99%

新式5禁断では錬精度上昇を盛るだけ盛っても4周では足りないという残念な結果となってしまいました

よって、6.05現状残念ながらマテリア錬精目的の最適装備はIL570となるようです

とはいえ、せっかくある新式装備が最適でないというのも悲しいところです
周回するのも新式でやれば随分違うのですが・・
しかもギャザクラ装備であれば禁断の上昇値補正は効いているのに、戦闘新式の上昇補正が余り見られないのは不自然ではある気もしなくはないです


3ボス前のお着替えは有効なので、その前までは零式装備など含むいつも使いの強い装備で進んで3ボスのみIL570までの装備で挑むのが丸いところでしょうか
大変めんどうな上忘れそうなのが問題ですが、仕方ないでしょう

マテリア錬精でレベル90IDを周回する時はIL570までに抑えた装備のギアセットを別で用意すると良いかもしれませんね


FATEでの錬精度の上がり方


暁月エリアのFATEでは、どこのエリアでも同じように錬精度が貯まるようです

詳しく検証は行っていませんが、ラストエリアとガレマルドでFATEに参加したところ
どちらも金評価で2%ほどの錬精度の上昇が見られました

正直あまり効率が良いようには思えないので、忘れた頃にマテリア精製が出来たりする程度だと思います
IDで残り10%くらいになった時に調整に行くなどには使える・・かもしれません


フィールドでの通常Mob討伐ではどうなのかは未検証なのですが、これは実用的だとは到底思えないので機会があれば程度で検証した時は追記しようと思います

6.0現在でいくらか試してみた


ギャザラーでやってみた

装備はレベル90のもの(IL560)でマテリアは5禁断、精錬値補正+10相当(秘製ガレット・デ・ロワ、極錬精薬HQ、カンパニーアクション錬精度上昇量アップII)を使用して検証しています

ラストエリアで採集出来る「コンドライト」や「インテグラル原木」などのLv89の採集物を採っていると、だいたい一時間くらいで1%から100%まで貯まりきりました

白貨、紫貨集めの収集品狙いで未知周りは、通常の採集場所よりは一箇所あたりの精錬値上昇はあるものの、湧き待ちの時間があるので微妙な感じでした

そして伝承録を取ると出来るようになる伝説の採集場所ですが、かなり補正値が高く設定されています
Lv90★を採集するとなんと一箇所につき+30%ほども錬精度が増えました

GPを盛って採集回数を回復する「石工の理」「老農の知」を3回使えるようにすると、40%近く増えます

伝説素材は今は使い道がまだないアイテムですが、後々新式の材料になりそうなので、伝説周りが現状一番良さそうに見えますね


戦闘ジョブでやってみた

極錬精薬HQを飲んでおけばエキスパートルーレット対象のレベル90IDを4周するとIL570までの装備であれば1%から100%まで貯まり切るような感じのようです

どうにか短縮出来ないかと、今ある限りの補正値最大値(秘製ガレット・デ・ロワ+極錬精薬HQ+カンパニーアクション錬精度上昇量アップIII)でレベル90のIDを周回してみました

一周目 29%~32%

二周目 59%~64%

三周目 90%~95%

残念ながら現状3周では上振れを引いても錬精度は貯まりきらないように見えます

もちろんマテリア錬精のやり方は他にもあるでしょうから、完全に無駄とは言い切れませんが
レベル90ID周回で錬精をする際は無理に補正値上昇を盛らずとも良さそうな気がします

解説動画


上の内容をちょっと端折ってまとめた感じの動画です(それでも長い)


外部リンク(youtube)

まとめ(全部読むのが面倒な人はここだけ読んで下さいね)


新マテリア集めをする時は

ギャザクラはIL560(カエアンビロード、オピオタウロスシリーズ)のHQ装備に出来れば5禁断したものを用意し
秘製ガレット・デ・ロワ、HQ極精錬薬、カンパニーアクションもしくは軍用スピリットマニュアルを使用すると効率が上がる

ギャザラーなら伝説周りかレベルの高い採集物で採集
クラフターは簡易製作か普通に白貨、紫貨稼ぎが効率良ければそれついでな感じで


戦闘ジョブはIL570までのギアセットを用意し適正IDを周回する
(6.08現在は極錬精薬HQで少し錬精度上昇を盛ってIL570までの装備でエキルレ対象のIDを4周ほどで1セットで100%到達)
IDの途中までは零式装備やトークン装備を使用し、3ボス前にIL570までのギアセットにお着替えすると良い

と言ったところでしょうか

※追記(2021.12/29)
別記事でマテリア錬精で流行ってるT1D3で90IDを周回するのを試してみた感想などを書いてみました
もし興味があればこちらもどうぞ!


戦闘ジョブに関しては現状でマテリア集めするならこれ!といった手段としてマテリア精製が弱い気がしてしまうのが悩みどころな気がします
レベル90IDを周回してればそれなりに貯まってはいきますが・・


何はともあれお役に立てれば幸いです
良いエオルゼアライフを!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを書いてる人


niko
その時プレイ中のゲームを中心にあれこれ思うことを独断と偏見で書いています
やり込み気質だが基本エンジョイ勢
FF14は戦闘もそれなりにやるけど釣りとか金策が好きです

ブログ記事の追記情報

2022.11/21
制限解除紅蓮極蛮神のソロ・ペア攻略の記事にて、極朱雀と極青龍の超える力[強]のみでのソロ撃破を確認したので追記
ついでに概ね他には変わりはないと思うので遅ればせながら6.2対応としました

2022.11/16
エキルレのまとめ進行についての記事に、賢者の動き方の項目と動画を追加しました

2022.10/28
軍票の稼ぎ方と使い道についての記事に、実際に周回した様子を軽く解説した動画を投稿したので追記しました

Translate

このブログ内を検索

QooQ